日本美術刀剣保存協会和歌山県支部

活動記録

日本美術刀剣保存協会|和歌山|紀州|

活動記録

紀州の刀剣

     k007

刀 銘 紀州国當一康広

法量 刃長七六・八糎(二尺五寸三分四厘) 反り一・三四糎(四分四厘) 元巾三・二九糎(三・〇八糎) 先巾二・二〇糎(二・〇五糎) 元重〇・七四糎(〇・六四糎) 先重〇・五五糎(〇・四六糎) 切先長三・四二糎
姿・造込み 鎬造。庵棟高い。身巾広く、鎬巾広く鎬高で重ねの厚いしっかりとした造込みで、切先は中切先で反りの浅めの姿は寛永から寛文にかけての過渡期の姿。 地鉄 小板目がよく詰んで細かな地沸がついたきれいな肌で、かるく白気たそのなかに黒い乱れ映りが立っている。鎬地は肌が流れて柾がかる。 刃文 匂出来の丁子乱で小沸がつき、区上八糎ほどを広目の直丁子で焼出し、それより上は焼巾が一段とふかい丁子乱になり、刃中に足はあまり入らないが焼頭が高くなったところは鎬にかかりそうになった石堂特有の刃文を焼いている。焼刃の出入りの落差はさほどめだたず丁子そのものに大小の変化をつけている。 帽子 表が三角に大きく丁子を焼いてのたれ込んで丁子足と葉が入り、先は小丸に返る。裏は直ぐでたるみ二重刃のようになって先は浅く一文字返りにちかい返り、返りのすぐ下は棟を焼く。 茎 生ぶで、先細りとなる。棟は角。鑢目筋違鑢の角度が急になる。鑢目は区際より三糎ほど下がってからかけだしている。茎先の入山形が剣形にちかい。目釘穴一個。

<解説>
初代康広の寛永ころの作であろう。乱れ映りが鮮やかに立った一文字風の地鉄に石堂丁子を見事に焼いている。いかにも紀州石堂の代表者らしい作。

<   ・ 一覧へ戻る  ・  >